健康用語WEB事典

非相同末端結合(nonhomologous end-joining : NHEJ)

真核生物細胞内で起こる、DNA二重鎖切断を修復する方法のひとつ。高等動物では主要な経路。欠失が起こりやすいとされている。*1

切れたDNA末端同士をそのまま結合する反応。G1期あるいは静止期において必須の修復機構であると考えられている。*2

タグ: DNA 遺伝子

*1日本大学 核酸・蛋白質科学研究室(B) 相同組換えとは: https://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~inasweb/narai/narai/xiang_tong_zu_huanetoha.html
*2タンパク質リン酸化を介したDNA二重鎖 切断修復制御のメカニズム 篠原美紀 大阪大学蛋白質研究所蛋白質高次機能学研究部門 ゲノム染色体機能研究室: http://biophys.w3.kanazawa-u.ac.jp/References/ABC%20Proteins/Rad50-%8FC%95%9C%83%81%83J%83j%83Y%83%80.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


非相同末端結合に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-03-13 (土) 08:10:48