類鼻疽(melioidosis)

類鼻疽菌による人獣共通細菌感染症4類感染症のひとつ。メリオイドーシスとも。*1

北緯20度から南緯20度の熱帯および亜熱帯地域で流行する。特に東南アジアおよびオーストラリア北部に多い。多くは不顕性感染であるが、発症すれば深刻な全身性症状を伴い、致死率も非常に高いとされる。*2*3

*1大阪大学医学系研究科・医学部 分子細菌学分野 堀口安彦: http://www.med.osaka-u.ac.jp/wp-content/uploads//gakuseishien/kennkyugaiyou/22-06.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 類鼻疽菌の侵襲性を制御する分子機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-16K19125): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16K19125/
*3聖マリアンナ医科大学雑誌 糖尿病の増悪に伴い発症したと思われるメリオイドーシス(類鼻疽)の 1 例: http://igakukai.marianna-u.ac.jp/idaishi/www/303/05suzuki.pdf

類鼻疽に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-05 (水) 08:12:43