食塩相当量

食品に含まれる塩分の量。ナトリウムの量とは等しくないので注意が必要。

食塩相当量とナトリウムの関係は以下の式で表される。

食塩相当量(g) = ナトリウム(mg) × 2.54 ÷ 1000

つまり、食塩相当量1gはナトリウム約400mgである。


食塩相当量に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:12:01