健康用語WEB事典

食欲(appetite)

栄養摂取のために摂食(食事)をしようとする欲求。

動物が,生きていくためのエネルギーを得るためには,食物を摂る,すなわち本能行動の一つである摂食行動が必須である.これまでも述べてきたように,その摂食行動を動機づけている本能的な要因が,食欲(appetite)である,とされている.*1

視床下部に存在する摂食中枢視床下部外側野)と満腹中枢視床下部腹内側核)によって調節される。これらに加えて、室傍核弓状核にも接触に関わる神経伝達物質神経ペプチドの存在が確認されている。*2*3

*1本能と煩悩(全12回)第5回 食い気(食欲と飢え) 浦野明央(北海道大学名誉教授): https://www.press.tokai.ac.jp/webtokai/honnou_to_bonnou05.pdf
*2食欲の調節について | 東京薬科大学 生命科学部: https://www.ls.toyaku.ac.jp/content/%E9%A3%9F%E6%AC%B2%E3%81%AE%E8%AA%BF%E7%AF%80%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6
*3食欲調節の中枢神経機構 新見道夫 香川県立保健医療大学保健医療学部臨床検査学科: https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180515145305.pdf?id=ART0010024891

ご意見・ご要望をお聞かせください。


食欲に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-05-15 (火) 15:02:29