健康用語WEB事典

食道アカラシア(esophageal achalasia)

食道蠕動噴門の弛緩の異常。これらを制御する神経の障害が原因。アカラシアはラテン語で「動かない」を意味する。逆流性食道炎と誤診される場合がある。*1*2

噴門部の括約筋が正常に弛緩せず、噴門側部食道が拡張する。組織学的には固有筋層?の肥厚や粘膜慢性炎症が認められる。長期間続くと食道がんの発生率が高くなるとされる。*3

症状は食物が詰まることで起こるのつかえや吐き気嘔吐げっぷ胸焼け胸痛口腔内逆流、誤嚥性肺炎など。

治療は内視鏡を用いた切開術(経口内視鏡的筋層切開術)。*4

食道アカラシアとは、食道の下部が狭くなることにより、食物が入らない、が痛む、嘔吐する、肺炎(誤嚥性)、などが起きてしまう病気です。食道神経の異常などが原因だと言われています。稀に食道がんを起こすこともあります。*5

*1食道アカラシア|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000803.html
*2扱う疾患-アカラシアに対する内視鏡治療(POEM)- 福岡大学医学部消化器外科: http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/gastroentero/sikkan/poem.html
*3食道のレントゲン診断 水野富一: https://www.jstage.jst.go.jp/article/orltokyo1958/25/4/25_4_417/_pdf
*4食道の通過障害を起こす「食道アカラシア」の新治療法(POEM)を関西で初めて導入しました | 国立大学法人 神戸大学 (Kobe University): http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/info/2016_09_05_01.html
*5社会医療法人かりゆし会ハートライフ病院 経口内視鏡的筋層切開術について 食道アカラシアに対する経口内視鏡的筋層切開術(POEM)について: https://www.heartlife.or.jp/wp-content/uploads/2015/10/POEM.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


食道アカラシアに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-11 (金) 08:44:45