骨パジェット病(Paget's disease of bone)

高齢者に起こる、国内では稀(2.8/100万)なの疾患。欧米では骨粗鬆症に次いで多い。*1

骨代謝の異常により、の微細構造の変化との腫大や変形、それに伴う局所強度の低下などが起こる。発症する骨盤が約50%と最多で、その他の部位は多い順に脊椎大腿骨頭蓋脛骨大腿骨に発症した場合約20%に骨折を生じるとされる。

破骨細胞の拡大と細胞核数の増加が特徴的。

*1Kyoto University Research Information Repository: 前立腺癌骨転移との鑑別が困難であった骨パジェット病の1例: https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/173715

骨パジェット病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-23 (火) 06:36:25