骨吸収(bone resorption)

破骨細胞によって古いが壊されること。

通常は骨芽細胞による骨形成とバランスを保ち、のリモデリングが行われるが、骨吸収が骨形成より強くなると骨粗鬆症となる。*1

エストロゲンSERMビスホスホネートビタミンK2によって阻害される。逆に副甲状腺ホルモン破骨細胞に作用して骨吸収を促進し、血中カルシウム濃度を上昇させる。*2*3

*1骨粗鬆症について|骨粗鬆症治療における医薬連携研究: http://hone.w3.kanazawa-u.ac.jp/about/index.html
*2治療方法|骨粗鬆症治療における医薬連携研究: http://hone.w3.kanazawa-u.ac.jp/about/chiryou.html
*3治療方法|骨粗鬆症治療における医薬連携研究: http://hone.w3.kanazawa-u.ac.jp/about/chiryou.html

骨吸収に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-07-04 (木) 16:59:54