骨芽細胞(osteoblast)

の形成に関わる細胞樹状細胞と同じ前駆体から分化する。*1

骨芽細胞は骨組織表面にへばりつくように存在する。骨芽細胞の細胞表面にはアルカリホスファターゼ(ALP)が多く存在し、このALP骨形成の重要な役割を担う。*2

*1破骨細胞の分化と機能 免疫と骨代謝の接点 高見正道(昭和大学歯学部 口腔生化学): http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol33/03_04/jsms33_080_081.pdf
*2シリーズ 再生医療 骨再生医療 大串始: http://www.naramed-u.ac.jp/~bioch/Saiseiiryou.pdf

骨芽細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-04-21 (土) 09:24:18