高カルシウム血症(hypercalcemia)

補正カルシウム濃度が12mg/dLを超えた状態。がん患者の20~30%に発生する。*1

バソプレシンによる尿細管作用の減弱から尿濃縮障害による多尿となり、脱水口渇多飲障害が起こる 。また、消化管運動低下による悪心嘔吐食欲低下、便秘神経伝達機能低下による傾眠意識障害を起こす。

治療は脱水に対する輸液尿カルシウム排出促進、骨吸収の抑制など。

*1オンコロジエマージェンシーへの対応 廣瀬敬 昭和大学呼吸器アレルギー内科: http://www.jsomt.jp/journal/pdf/061020081.pdf

高カルシウム血症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-15 (水) 18:52:35