高安動脈炎(Takayasu's arteritis)

大血管炎のひとつ。1908年に金沢医学専門学校の科医である高安右人によって報告された。大動脈炎症候群とも。?が触れなくなることがあるため脈なし病とも。男女比は1:9で20代の女性に多い。*1*2

免疫の異常が主な原因と考えられている。炎症が起こる大動脈の部位によって様々な症状が現れる。身体の左右の血圧に差が生じることがある。全身症状としては炎症に伴う発熱(長く続く微熱)、倦怠感疲労感など。

治療は主にステロイド

*1高安動脈炎(大動脈炎症候群)|膠原病・リウマチ内科|順天堂医院: https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/kogen/about/disease/kanja02_16.html
*2高安動脈炎|大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学: http://www.imed3.med.osaka-u.ac.jp/disease/d-immu06-2.html

コメントはありません。


高安動脈炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-09 (日) 11:27:07