麦角中毒(ergot poisoning)

麦角アルカロイドによる中毒血管収縮による血行の悪化で痛み腫脹、悪化すると壊疽による切断が起こる。中枢神経にも影響し、幻覚痙攣などを引き起こす。*1

中世ヨーロッパでは、麦角菌汚染?されたライ麦?小麦のパンによる麦角中毒が蔓延し、ペストコレラ同様に恐れられた。 *2

*1宮城大学 動物生化学研究室 井上達志(ファームビジネス学科/教授)エンドファイト感染草摂取による中毒症に関する研究: http://www.myu.ac.jp/teacher/food/inoueta/labo/
*2ヒルガオ科植物と共生する真菌バッカクキン間の麦角アルカロイド輸送経路の解明 京都大学生存圏研究所・特定研究員 稲葉尚子: http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/logos/wp-content/uploads/2015/11/S0201_Inaba.pdf

麦角中毒に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-12 (土) 14:00:44