1,2,3,4-テトラヒドロイソキノリン(1,2,3,4-tetrahydroisoquinolin : TIQ)

イソキノリンの1〜4位がヒドロキシ化した第二級アミン分子式は C9H11N *1

1,2,3,4-テトラヒドロイソキノリンの化学構造

最初にパーキンソン病患者ので発見された神経毒。この誘導体(TIQs)はMPTPと類似の生化学的作用を持つが、MPTPと比較するとパーキンソン病を起こす毒性は弱い。*2

フェニルアラニンからフェネチルアミンを経て内で合成される。また、一部の食品に含まれ、肝臓CYP2D6によって4-ヒドロキシ-TIQ代謝(解毒)される。

*11,2,3,4-Tetrahydroisoquinoline | C9H11N - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/1_2_3_4-Tetrahydroisoquinoline#section=Top
*2天然アミン神経毒とパーキンソン病 永津俊治 藤田保健衛生大学総合医科学研究所: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/40/2/40_2_123/_pdf

1,2,3,4-テトラヒドロイソキノリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filetetrahydroisoquinoline.png 閲覧数 188回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-11-27 (火) 10:30:52