健康用語WEB事典

1-メチル-4-フェニルピリジニウム(1-methyl-4-phenylpyridinium)

MPTPが主に内のグリア細胞ミトコンドリア外膜に存在するMAO-Bによって酸化されて生じる有機化合物神経毒性を有し、パーキンソン病を引き起こす。MPP+とも。*1

1-メチル-4-フェニルピリジニウムの化学構造

線条体においてA9?黒質-線条体ドーパミン神経神経終末ドーパミン輸送タンパク質によって取り込まれる。シナプス小胞に取り込まれるとチロシン-3-モノオキシゲナーゼを阻害・失活させてドーパミンの合成を止める。

細胞毒性はミトコンドリア内膜電子伝達系複合体Ⅰ)を阻害してATPの合成を阻害すると同時に活性酸素を生成して酸化ストレスを起こすことによる。A9?ドーパミン神経に特異的に存在する神経メラニンと結合する。

*1天然アミン神経毒とパーキンソン病 永津俊治 藤田保健衛生大学総合医科学研究所: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/40/2/40_2_123/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


1-メチル-4-フェニルピリジニウムに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: file1-methyl-4-phenylpyridinium.png 閲覧数 100回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-11-27 (火) 08:40:16