健康用語WEB事典

12-リポキシゲナーゼ(12-lipoxygenase)

リポキシゲナーゼのひとつ。アラキドン酸などの炭素20個の不飽和脂肪酸の12位に分子酵素を導入して12-ヒドロペルオキシ酸を生成する酵素*1*2*3

この遺伝子は14個のエクソンと13個のイントロンから構成されている。血小板型と白血球型の2つのアイソフォームが存在する。

*1KAKEN — 研究課題をさがす | アラキドン酸12-リポキシゲナーゼの神経伝達機構における役割 (KAKENHI-PROJECT-06253213): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-06253213/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | アラキドン酸12-リポキシゲナーゼの活性部位の分子構造に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-06670142): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-06670142/
*3KAKEN — 研究課題をさがす | アラキドン酸12‐リポキシゲナーゼの遺伝子クローニングとその発現調節機構 (KAKENHI-PROJECT-04670145): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-04670145/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


12-リポキシゲナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-11-20 (火) 08:28:12