健康用語WEB事典

18F-FDG(fludeoxyglucose 18F)

グルコースの2位のヒドロキシ基放射性核種の18Fで置換した誘導体18F-2-フルオロデオキシグルコースデオキシ-2-フルオロ-D-グルコースなどとも。

がんPET検査で使用される医薬品がん細胞が通常の細胞よりもグルコースを多く取り込む特性を利用している。*1

18F-FDGは、グルコースと同じくグルコーストランスポーターによって細胞内に運ばれるが、グルコース-6-リン酸の形で代謝が止まり細胞内に止まるため、体内のどこにグルコースが多く取り込まれ存在しているかを調べることができる。*2

*1(株)化学同人 京都大学大学院薬学研究科 くすりをつくる研究者の仕事 薬のネタ探しから私たちに届くまで 2017/3/30
*2グルコースを巡る諸問題 東北大学サイクロトロン・RIセンター核医学研究部 山口慶一郎: http://www.cyric.tohoku.ac.jp/publications/news/No.30/30-5.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


18F-FDGに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:03:48