健康用語WEB事典

3-ニトロプロピオン酸(3-nitropropionic acid : 3-NP)

ミトコンドリア電子伝達系複合体Ⅱ)を阻害する作用を持つ有機化合物β-ニトロプロピオン酸とも。

3-ニトロプロピオン酸の化学構造

ラットに全身投与(20mg/kg×2)すると線条体の中・外側部が特異的に傷害されハンチントン病様の運動症状を示す。これにはeNOS発現亢進が関与するとされる。*1

3-NPはミトコンドリアコハク酸脱水素酵素の不可逆的阻害剤で、ミトコンドリアでの活性酸素生成を亢進させ、ヒトや猿、マウスが摂取すると線条体変性を引き起こし、ハンチントン病様の神経機能障害を発症します。*2

3-ニトロプロピオン酸による神経細胞死が原因となるハンチントン病のモデルマウスの症状は前もってカルニチンを投与しておくことで軽減できることが報告されている。*3

サトウキビカビ脳症の原因となる。*4

*1KAKEN — 研究課題をさがす | ハンチントン病モデル動物の開発とアンチセンス戦略法による発症制御法の確立 (KAKENHI-PROJECT-09558104): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-09558104/
*2九州大学 活性酸素による核酸の酸化に起因する神経変性のメカニズムを解明: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/1231/2012_12_03.pdf
*3L-カルニチンの脂肪酸に対する心筋ミトコンドリア保護作用 矢野博己 Michael J. Kremenik 長野隆男: http://www.kawasaki-m.ac.jp/soc/mw/journal/jp/2013-j23-1/P27-36_yano.pdf
*4KAKEN — 研究課題をさがす | スギヒラタケ関連脳症における3ニトロプロピオン酸の検討 (KAKENHI-PROJECT-18659255): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-18659255/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


3-ニトロプロピオン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: file3-nitropropanoic_acid.png 閲覧数 98回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-12-17 (月) 10:11:35