健康用語WEB事典

8-オキソグアニン(8-oxo-guanine : 8-oxoG)

グアニン酸化体。神経変性疾患において、神経細胞ミトコンドリアDNAに多量に蓄積することが報告されている。*1

酸化ストレスに曝された細胞内でヌクレオチドプール中のdGTP酸化されて生じる。

全ての核酸塩基の中でグアニン活性酸素によってもっとも酸化されやすく、その酸化体は8-オキソグアニン (8-oxoG)と呼ばれています。8-oxoGはシトシンに加えてアデニンと塩基対を形成する性質をもつため、ゲノムに蓄積すると突然変異や細胞死の原因となります。*2

タグ: グアニン 酸化 神経 誘導体 酸化ストレス 突然変異

*1九州大学 活性酸素による核酸の酸化に起因する神経変性のメカニズムを解明: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/1231/2012_12_03.pdf
*2アルツハイマー病の発症にDNA修復酵素であるMUTYHが関与 | 研究成果 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY): https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/706

ご意見・ご要望をお聞かせください。


8-オキソグアニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-12-29 (水) 06:47:26