健康用語WEB事典

ADC(antibody-drug conjugate)

特定の分子へ高い特異性を有する抗体と、主に殺細胞活性を持つ薬剤低分子化合物)を結合させた医薬品薬剤を標的細胞へ特異的に作用させることができる。抗体-薬物複合体抗体-薬剤複合体)とも。*1*2

一般的なADCは、がん新生血管からEPR効果により漏れ出た後、細胞表面の抗原に結合する。薬剤である低分子化合物の殺細胞効果は、抗体に結合している間は抑えられている。

タグ: 医薬品 低分子 抗体 薬物 薬剤

*1国立大学法人 東京医科歯科大学「単球の源細胞除去による新規がん治療法の開発」 抗体-薬剤複合体による副作用の少ないがん治療へ福音: http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20210222-1.pdf
*2抗体-薬物複合体開発の発展と現状 眞鍋史乃: https://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/34/1/34_10/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ADCに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2021-03-07 (日) 07:44:32