ADPリボシル化(ADP ribosylation)

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドNAD)のニコチンアミド部分が切断遊離されるとともに、ADPリボースを特異的にその基質であるタンパク質に転移する反応。ADPリボシルトランスフェラーゼによって触媒される。*1

*1京都大学学術情報リポジトリ ボツリヌス酵素でADPリボシル化されるGb蛋白質(rho遺伝子産物)に関する研究: https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/73149

ADPリボシル化に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-17 (月) 09:09:09