ALDH2(aldehyde dehydrogenase 2)

アセトアルデヒド酢酸代謝するデヒドロゲナーゼ。飲によって生じるアセトアルデヒド代謝する主要なアセトアルデヒド脱水素酵素ミトコンドリアに存在している。ニトログリセリン代謝する働きも持つ。*1

ALDHには以下の3種類の遺伝子多型がある。*2

活性の弱いALDH2を持つ人は、アルコール摂取後に血液中や組織中にアセトアルデヒドが蓄積するため、活性の強いALDH2を持つ人と比較してに弱く、急性的な体調変化が起こりやすい。また、がんになりやすいことが確認されている。

たとえば,低活性型の遺伝子型を有する人では,アルコール摂取後に血中や組織中に毒性を持つアセトアルデヒドが蓄積するため,高活性型の遺伝子型を有する人と比較して,消化管肝臓などの化率が増加することが知られている ... ALDH2高活性型である *1/*1 ではアセトアルデヒドが蓄積しにくいために強く,低活性型 *1/*2 ではある程度は飲めるが顔面が紅潮し,無活性型 *2/*2 ではごく少量の飲でも顔面紅潮や動悸嘔気眠気頭痛といった「フラッシング反応」を起こしやすい.*3

大部分の欧米人が活性型の ALDH2 1*2 を持っているのに対し、日本人の約半数は ALDH2 1*2 を持たないか、働きの弱い ALDH2 2*2 しか持っていない。ALDH2の活性が全くない者はアジア系にしか存在しないとされる。*4

ALDH2が不活性(ALDH2 *2/*2)であれば、アルコール脱水素酵素遺伝子型に関係なくを全く飲めない体質となる。

*1九州大学大学院医学研究院 臨床薬理学分野 吉原達也 笹栗俊之 ALDH2 遺伝子多型と臨床医学: http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/21977/p082.pdf
*2武庫川女子大学バイオサイエンス研究所 飲酒と健康 健康な生活を送るために: http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/news/file/n130409.pdf
*3九州大学大学院医学研究院 臨床薬理学分野 吉原達也 笹栗俊之 ALDH2 遺伝子多型と臨床医学
*4滋賀医科大学附属病院 お酒と肝臓の話: https://www.shiga-med.ac.jp/hospital/doc/magazines/files/vol21_1.pdf

ALDH2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-01 (水) 08:13:20