ANGPTL2(angiopoietin-like protein 2)

ANGPTLのひとつ。

老化した細胞や様々なストレスを受けた細胞から過剰に分泌され(細胞老化関連分泌現象)、心筋細胞内のカルシウム濃度調節やエネルギー産生機能を減弱させることで心筋の収縮力低下を引き起こし、心不全の発症および進展を促進することが報告されている。 *1

*1心不全の新たな発症メカニズム解明と新規遺伝子治療法の開発 | 熊本大学: https://www.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/seimei/20160929

ANGPTL2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-31 (金) 17:06:25