AQP3(aquaporin 3)

アクアポリンのひとつ。AQP3の発現増加は便秘に関わることが報告されている。*1

大腸において、センノシドAはAQP3の発現量を低下させることで下剤活性を示し、逆にモルヒネはその発現量を増加させることで便秘を引き起こすとされる。

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 下痢や便秘を伴う消化器疾患に対する腸管アクアポリンを標的とした新規治療戦略 (KAKENHI-PROJECT-25860195): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-25860195/

AQP3に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-07-29 (月) 09:56:58