ApoE(apolipoprotein E)

リポタンパク質VLDLIDLHDLなどを構成するアポリポタンパク質のひとつ。アポリポタンパク質E*1

複数のアイソフォームが存在する。*2

持っているApoEの種類によってアルツハイマー病の発症率が変化することが確認されている。

アポリポ蛋白E(APOE)という蛋白遺伝子の多型(個人差)で、APOE4型の場合にはアルツハイマー病が3倍もなりやすさが異なるとうことはすでに明らかにされています。ALDH2酵素不活性型とAPOEの遺伝子型を組み合わせて解析すると、APOE遺伝子ALDH2遺伝子の相乗効果が認められました。つまり、APOE遺伝子がAPOE4型をもち、酵素不活性ALDH2遺伝子をもつ人はさらにアルツハイマー病に罹りやすいということです。*3

*1大阪市立大学大学院医学研究科・医学部医学科 アポリポ蛋白 E (Apolipoprotein E): http://www.med.osaka-cu.ac.jp/Neurosci/ApoE.htm
*2Apolipoproteins and atherosclerosis. Apolipoprotein E and apolipoprotein(a) as candidate genes of premature development of atherosclerosis. - PubMed - NCBI: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10984073
*3お酒とアルツハイマー病の関係: http://www.nms.ac.jp/ig/biocell/topics/alzheimer.html

ApoEに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:03:57