健康用語WEB事典

B6酵素(vitamin B6 enzymes)

ビタミンB6誘導体であるピリドキサールリン酸補酵素とする酵素の総称。

B6酵素のほとんど全てはアミノ酸代謝に関連し、多くの酵素に4-アルデヒド基基質となるアミノ酸α位アミノ基を介してシッフ塩基アルドイミン)結合を形成する。*1

一般のB6酵素はアルドイミン結合を水素化ホウ素ナトリウム還元すると完全に失活するが、ホスホリラーゼでは50%以上の活性が保持されることが知られている。

*1日本醸造協会誌 ホスホリラーゼ-その作用をめぐって 小林幹彦 一島英治: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/83/1/83_1_17/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


B6酵素に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-11 (水) 08:46:22