Bp1689

海藻の分解に関わる酵素β-ポルフィラナーゼ)を発現する遺伝子。欧米人の腸内細菌はこの酵素を持たないため、海藻を消化・吸収することができない。

元々は海洋微生物バクテロイデス・プレビウス?)が持つ遺伝子であったが、海産物の生食文化を持つ日本人はその微生物を食べていたため、腸内細菌微生物との間での遺伝子の組み換えが起きたと考えられている。*1*2

*1PHP研究所 竹内薫 丸山篤史 白くて眠れなくなる遺伝子(2016/1/5)
*2Study: CAZymes in Japanese gut microbiota | The Microbiome: https://sites.tufts.edu/absorption/study-2/

Bp1689に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:03:59