BspA

タネレラ・フォーサイシアが持つ分泌型のタンパク質歯肉上皮細胞への付着活性を持つ。*1

フソバクテリウム・ヌクレアタムとの共凝集に関与する。ロイシンを多く含む。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 歯周病原因菌表層タンパクの新規病原性因子の同定及び解析 (KAKENHI-PROJECT-22791772): https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-22791772/
*2Tannerella forsythia S-layer の血清抵抗性と他の口腔内細菌との共凝集への関与 下田平直大: https://www2.kufm.kagoshima-u.ac.jp/images/contents/doctoral-course/encouragement/69_shimotahira.pdf

コメントはありません。


BspAに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-12 (火) 14:17:58