健康用語WEB事典

C型肝炎ウイルス(hepatitis C virus : HCV)

肝炎ウイルスのひとつ。肝臓がんの主な原因となる。

肝細胞炎症を引き起こす原因でもっとも多いものが、B・C型肝炎ウイルスの感染です。日本では肝臓がんの約70%がC型肝炎ウイルスによるものとされています。*1

空気感染経口感染はせず、注射針や手術などで血液を介して感染する。*2

*1新星出版社 図解 あきらめない 放置しない! がん医療 済陽高穂(2015/2/25)
*2C型肝炎はどのように感染しますか? | 未検査の方 | C型肝炎 - 新しい治療、新しい可能性 -: http://www.c-kan.net/knowledge/03.xhtml

ご意見・ご要望をお聞かせください。


C型肝炎ウイルスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:07