健康用語WEB事典

C-23ガセリ菌

正式名称は「ラクトバチルス・ガセリ CP2305株」

ストレス応答と自律神経活動にかかわると考えられるの部位(基底核)での血流量が抑制されることが確認され、ストレスの緩和効果があるとされる。

内環境を整える働きに加え、からに働きかけることでストレスを緩和したり、ストレスによる様々な不調を改善する働きがわかっています。ストレスを感じている人を対象とした有効性試験ではストレスによる不安感を緩和させ、睡眠の質を改善する効果とストレスにより生じる腹部症状の改善を確認しています。*1

*1ストレスによる症状に働く「C-23ガセリ菌」とは|「カルピス」由来健康情報室: http://calpis-kenko.jp/c23/about.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


C-23ガセリ菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:00