健康用語WEB事典

C1(complement 1)

補体のひとつ。補体第一成分とも。

最初に反応する補体であり、C1qC1rC1sの3種類からなる複合体として血液中に存在する。C1rC1sは各々2分子が結合する。*1*2*3

C1qFc受容体または病原体に結合することで補体の活性化(古典経路)が始まる。*4

*1糖質科学のことば / Lectin-B01: http://www.glycoforum.gr.jp/science/word/lectin/LEB03J.html
*2補体C1qはWntシグナルの活性化を介して細胞を老化させる - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2012/20130319_01.html
*3国立大学法人 岡山大学 血清補体価 CH50: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/protein/ch50.htm
*4西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bg

ご意見・ご要望をお聞かせください。


C1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-04-23 (火) 15:59:56