健康用語WEB事典

C1代謝(C1 metabolism : one carbon metabolism)

葉酸代謝の一種。一炭素単位転移*1

テトラヒドロ葉酸誘導体を利用した代謝経路であり、アミノ酸代謝DNA合成を結ぶ、生物にとって必要不可欠な代謝*2

生体内における葉酸代謝は、アミノ酸ヌクレオチドなどの分子メチル基, メチレン基, メテニル基といった1つの炭素転移するための重要な役割を担っているため、One-Carbon (C1) 代謝と呼ばれている。*3

*1一炭素単位転移機構と関連酵素遺伝子多形の臨床的意義: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspen/28/1/28_5/_article/-char/ja/
*2総合研究大学院大学学術情報リポジトリ Sphingobium sp. SYK-6株由来O-脱メチル化酵素LigMのX線結晶構造解析: http://id.nii.ac.jp/1013/00005157/
*3大阪大学大学院 医学系研究科 ミトコンドリアC1代謝を標的とした新規抗癌剤のシステム的創薬展開: https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=8&item_id=163680&item_no=1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


C1代謝に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-12-17 (木) 21:42:28