健康用語WEB事典

C1q

C1を構成する成分のひとつ。補体古典経路の開始に重要。

免疫複合体を構成する抗体C1がC1qを介して結合すると、C1rC1sが順次活性化され、活性化したC1sC4C2を分解する。その結果生成するC3転換酵素C4bC2a?)によりC3C3aC3bとに分解され、C3b免疫複合体に沈着する。*1

高齢マウスの血中にC1qが増加しており、それに伴いWntシグナルの活性化が上昇して細胞老化を誘発することが報告されている。*2

*1糖質科学のことば / Lectin-B01: http://www.glycoforum.gr.jp/science/word/lectin/LEB03J.html
*2補体C1qはWntシグナルの活性化を介して細胞を老化させる - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2012/20130319_01.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


C1qに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-10 (月) 13:19:33