健康用語WEB事典

C4bp(C4 binding protein)

血漿中に存在する補体制御因子C4結合タンパク質とも。

C4bpは7本鎖構造を持ち、この7本の腕の部分にC4bを結合して古典経路レクチン経路C3転換酵素C4b2a)の形成を阻害して解離失活を促進する。*1

C4bはC4bpに結合すると補体Ⅰ因子の作用で切断され、C4c?C4d?に分解される。

IgA腎症ではC4bp糸球体への著明な沈着が確認される。

ご意見・ご要望をお聞かせください。


C4bpに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-11 (火) 16:12:58