CAPS1(Ca2+ dependent activator protein for secretion 1)

エクソサイトーシスに不可欠なタンパク質。ヒトのCAPS1は1353個のアミノ酸が直線状に並んだ構造をしている。CADPS1とも。

有芯小胞に作用してカテコールアミン分泌させる。CAPS1のRNA編集ドーパミン分泌を促進することが報告されている。*1*2

ランゲルハンス島からのインスリン分泌にも関わる。また、において脳由来神経栄養因子分泌の促進にも関わっていることが報告されている。

*1RNA編集が神経伝達物質の分泌を制御する — リソウ: https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20161116_1
*2群大など、糖尿病に関連がある遺伝子「CAPS1」の欠損マウスの作製に成功 | マイナビニュース: https://news.mynavi.jp/article/20131112-a173/

CAPS1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-01-29 (火) 09:49:27