健康用語WEB事典

CD14(cluster of differentiation 14)

エンドトキシン細菌内毒素)など菌体表層成分の共役受容体?マルチリガンド受容体)。肝臓クッパー細胞マクロファージ細胞表面に発現する。一部の単球の表面にも発現する。*1*2

肥満によってCD14の発現が異常に増加すると、少量のエンドトキシンに反応して障害を引き起こす。

脂肪食などによる肥満では肝臓Kupffer細胞上のCD14が過剰発現して、その結果、通常では反応しないようなごく微量の細菌毒素に反応してサイトカインを産生して肝炎が生じること、また更には肝硬変に至ることが示唆されました、またこのCD14の発現増加は肥満による高レプチン血症?によりレプチン受容体およびSTAT3を介した結果であることが示唆されました。*3

*1KAKEN — 研究課題をさがす | B細胞におけるCD14発現の検討 (KAKENHI-PROJECT-09877345): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-09877345/
*2東北大学機関リポジトリTOUR 黒色色素産生菌によるヒト歯肉上皮細胞の活性化機構の解明: https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=21181&item_no=1&page_id=33&block_id=38
*3消化器内科 中島 淳教授らの研究グループが肥満による脂肪肝炎発症のメカニズムを解明 ~太っていると腸内細菌に過敏に反応して肝炎に~ | 横浜市立大学先端医科学研究センター: http://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/res/nakajima_2012_7.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


CD14に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-10-08 (月) 10:08:33