健康用語WEB事典

CD19(cluster of differentiation 19)

B細胞の表面に発現するタンパク質。一部の急性リンパ性白血病では陽性となり、これを対象としたキメラ抗原受容体T細胞が治療に用いられる。*1*2

全身性強皮症のモデルマウスではCD19のチロシンリン酸化が亢進してB細胞が慢性的に活性化していることが知られており、CD19の発現を無くすとB細胞からのIL-6の産生が減少し、皮膚の硬化が軽減されることが報告されている。*3

*1公立大学法人 福島県立医科大学 第13回 T細胞の分化: https://www.fmu.ac.jp/cms/immunol/kogi/2015/%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%93%E5%9B%9E%E3%80%80%EF%BC%B4%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%AE%E5%88%86%E5%8C%96.pdf
*2化学療法抵抗性または造血細胞移植後再発のCD19陽性急性リンパ性白血病に対するpiggyBacトランスポゾン法によるキメラ抗原受容体遺伝子改変 自己T細胞の安全性に関する臨床第Ⅰ相試験の開始について - プレスリリース - 病院からのお知らせ | 名古屋大学医学部附属病院: https://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/news/press-release/2018/02/05152523.html
*3自己免疫性疾患の病態形成に関わる細胞・分子と臨床応用 B細胞 長谷川稔: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/28/5/28_5_300/_article/-char/ja

ご意見・ご要望をお聞かせください。


CD19に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-23 (土) 11:56:48