健康用語WEB事典

CD300b(cluster of differentiation 300b)

ペア型受容体CD300ファミリーの一つであり、細胞を活性化させる免疫受容体*1

真菌感染によって炎症樹状細胞CD300b真菌脂質成分であるフィトスフィンゴシンを認識すると、樹状細胞一酸化窒素を産生して好中球を局所に集積させ、炎症が促進することが報告されている。

タグ: 受容体 タンパク質 免疫 真菌 細胞 樹状細胞

*1真菌成分が炎症を悪化させるメカニズムを解明|順天堂: https://www.juntendo.ac.jp/news/20190116-01.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


CD300bに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2021-07-13 (火) 11:38:15