CHD7(chromodomain-helicase-DNA-binding protein 7)

チャージ症候群原因遺伝子ATP依存性クロマチン再構築タンパク質として知られ、中枢神経系に存在する神経前駆細胞の正常な性質を維持する遺伝子群を制御することが報告されている。*1

*1慶應義塾大学医学部 神経前駆細胞を正常に保つ仕組みを解明 生まれつきの障害を持つ CHARGE 症候群の治療につながる成果: https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2018/2/14/180214-1.pdf

CHD7に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-07-26 (金) 08:09:39