健康用語WEB事典

CHT1(high-affinity choline transporter 1)

コリントランスポーターのひとつ。高親和性コリントランスポーターとも。580個のアミノ酸で構成され、13回膜貫通ドメインを持つ。*1

前脳基底野?線条体脳幹脊髄などの細胞体大脳皮質海馬線条体視床扁桃体脳幹脊髄などの神経終末発現する。コリンアセチルトランスフェラーゼ小胞アセチルコリントランスポーター発現場所に一致し、コリン作動性神経プレシナプス側に特異的であることが示唆されている。*2

シナプス間隙コリンはCHT1を介してプレシナプスに取り込まれ、アセチルコリンの合成に再利用される。

神経細胞以外ではT細胞血管内皮細胞血管平滑筋気道上皮細胞皮膚角化細胞などに発現する。

*1コリンおよびコリントランスポーターの生理機能(<特集>ビタミン・バイオファクターのトランスポーター[I]): https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/84/8/84_KJ00006538714/_article/-char/ja/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 高親和性コリントランスポーターの機能調節 (KAKENHI-PROJECT-13210041): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13210041/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


CHT1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-27 (木) 10:54:38