CX3CR1(CX3C chemokine receptor 1)

ケモカイン受容体のひとつ。フラクタルカインリガンドとする。

単球リンパ球樹状細胞神経細胞ミクログリア関節滑膜線維芽細胞などで発現する。*1

NK細胞CD8陽性T細胞発現するものは、これらの遊走に関わる。また、NK細胞から細胞傷害顆粒を放出させたり、IFN-γの産生を増強させたりする。*2

CX3CR1の異常は神経細胞シナプス刈り込みの障害の原因となり、統合失調症自閉症スペクトラム障害の病態に関与することが報告されている。*3

*1日本臨床免疫学会会誌 フラクタルカインと炎症性疾患: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/28/3/28_3_131/_article/-char/ja/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | フラクタルカインおよびレセプター発現と癌の悪性度・転移との関連 (KAKENHI-PROJECT-15024236): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15024236/
*3世界初 ミクログリア特異的分子CX3CR1の遺伝子変異と精神障害の関連を同定 — リソウ: https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2017/20170801_1

CX3CR1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-11-17 (土) 15:29:11