CYP102A1

巨大菌由来のシトクロムP450長鎖脂肪酸ヒドロキシ化触媒する。シトクロムP450の中でも最大の酸化活性を持つとされる。シトクロムP450BM3とも。*1*2

*1Characterization of diverse natural variants of CYP102A1 found within a species of Bacillus megaterium: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3159907/
*2名古屋大学 世界初!ベンゼンをフェノールに変換する細菌を開発 酵素のスイッチを ON の状態にする化学物質を細菌に取り込ませる新規手法: http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20180604_sci_1.pdf

CYP102A1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-04 (火) 14:18:44