健康用語WEB事典

Ca2+/カルモジュリン依存性プロテインホスファターゼ

セリン・スレオニンホスファターゼのひとつ。カルシウムおよびカルモジュリンによってタンパク質脱リン酸化触媒する酵素*1*2*3

*1カルシニューリンはショウジョウバエの 睡眠および記憶を制御する - 熊本大学発生医学研究所: http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%A8%E3%81%AE-%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%8A%E3%82%88/
*2プロテインホスファターゼ入門 大西素子研究室 中部大学: https://www3.chubu.ac.jp/faculty/ohnishi_motoko/kenkyunaiyo/kenkyu1/
*3北海道大学 大学院総合化学院 理学部 化学科 生物有機化学研究室: http://barato.sci.hokudai.ac.jp/~bo/j/research/calcineurin.shtml

ご意見・ご要望をお聞かせください。


Ca2+/カルモジュリン依存性プロテインホスファターゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-01-31 (木) 12:20:30