健康用語WEB事典

CaMKⅡ(Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II)

Ca2+/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼⅡ。

神経細胞に豊富に存在し、様々なタンパク質リン酸化するプロテインキナーゼとして働く。*1

メマンチンATP感受性カリウムチャネルの阻害によって興奮性神経伝達を促進し、シナプス後部でのカルシウムイオン濃度を上昇させることでCaMKⅡを活性化し、認知と記憶を改善することが報告されている。*2

*1生理学研究所 基盤神経科学研究領域 神経シグナル研究部門 神経活動におけるCa2+/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIIの役割: http://www.nips.ac.jp/huinfo/research/ej_Res05.htm
*2東北大学大学院薬学研究科 メマンチンは脳インスリンシグナルを改善する アルツハイマー病の糖尿病仮説の実証: http://www.pharm.tohoku.ac.jp/info/file/20161104.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


CaMKⅡに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:06