CagA(cytotoxin-associated gene A)

ピロリ菌分泌する、病原性を持つタンパク質

粘膜の病変の原因となる。CagAを発現する上皮細胞からCagAを含むエクソソーム分泌されおり、このエクソソームによって血液を通して全身に運ばれ、以外でも心臓血液神経などの疾患を発症させる恐れが指摘されている。*1

Metに結合して胃がん発症に関わる細胞増殖と炎症促進のシグナルを引き起こす。*2

*1京都大学 科学技術振興機構 ピロリ菌由来病原タンパク質CagAを全身に運ぶ小胞を発見 ピロリ菌感染による非消化器疾患の発症メカニズムの解明へ: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/documents/160107_2/01.pdf
*2ピロリ菌の病原因子CagAによる胃がん発症の新規メカニズムを発見(ピロリ菌感染症の治療薬開発に期待): http://www.jst.go.jp/pr/announce/20090122-2/index.html

CagAに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-26 (水) 08:37:18