ClC-5(chloride channel-5)

胃細管小胞において高発現するCl-/H+交換輸送体。ClC-5の遺伝子異常はデント病の原因なる。CLCN5とも。*1

主に腎臓近位尿細管上皮細胞)に発現し、エンドサイトーシスに関わることが知られている。*2

胃では、胃酸分泌においてプロトンポンプと協調して働く。

*1富山大学大学院医学薬学研究部・薬物生理学 藤井拓人 酒井秀紀 胃酸分泌細胞におけるポンプとトランスポーターの分子機能連関: http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/124/124-4/fujiitoyama04.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | デント病原因遺伝子CLCN5の発現・機能不全による腎尿細管障害発症機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-13672287): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13672287/

ClC-5に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-19 (日) 18:09:24