健康用語WEB事典

CpG

DNAに存在する、シトシングアニンホスホジエステル結合で結合した塩基配列ジヌクレオチド)。CpGが多く存在する領域をCpGアイランドと呼ぶ。哺乳類のDNAメチル化の多くはCpGで起こる。*1

細菌ゲノムDNAにはメチル化されていないCpG配列がある頻度で繰り返されており、これはTLR9を介して免疫を活性化する。哺乳類のゲノムDNAではCpG配列の頻度が少ない上に高頻度にメチル化されているため免疫賦活作用はない。*2

一部のDNAウイルスにもCpG配列が存在している。例えば、HSV-2TLR9を介してIFN-αを産生させることが報告されている。

*1明治大学農学部研究報告 ハプロ不全優性遺伝病発症の新たな視点 分子メカニズムとしてエピジェネティクスが関与する可能性: https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/17937/1/nogakubuhokoku_65_4_95.pdf
*2自然免疫におけるウイルス感染認識機構 植松智 審良静男 大阪大学微生物病研究所自然免疫学: http://jsv.umin.jp/journal/v56-1pdf/virus56-1_001-008.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


CpGに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-01 (日) 08:20:12