健康用語WEB事典

CpGアイランド(CpG island : CGI)

DNAにおいて、シトシンの次にグアニンが現れるという2塩基配列CpG)が、ほぼ確率論的に期待される頻度(25分の1)で検出される領域。哺乳類のDNAメチル化に関わる。*1*2

CpGDNA全体では100分の1程度でしか現れないため、CpGが他より多く現れる領域と言える。転写開始点を含むプロモーター領域に存在する。

*1明治大学農学部研究報告 ハプロ不全優性遺伝病発症の新たな視点 分子メカニズムとしてエピジェネティクスが関与する可能性: https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/17937/1/nogakubuhokoku_65_4_95.pdf
*2CpG islands and the regulation of transcription: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3093116/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


CpGアイランドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-01-26 (土) 17:41:30