健康用語WEB事典

CtBP2(C-terminal-binding protein 2)

によるエネルギー代謝脂質によるエネルギー代謝のバランスを検知するセンサー分子

通常、CtBP2NADHと結合して活性化し、肝臓では糖新生脂質合成を抑えて糖尿病脂肪肝にならないように働くが、肥満になると脂肪酸CoA肝臓内で増加することで機能が抑制され、糖尿病脂肪肝が引き起こされる。*1

肥満肝臓CtBP2を活性化すると糖尿病脂肪肝が改善されることが報告されている。

タグ: 代謝 脂質 肝臓 肥満 糖尿病 脂肪肝

*1メタボリックシンドロームを制御する代謝産物センサー分子を発見: https://www.t.u-tokyo.ac.jp/foe/press/setnws_202111041313202493972687.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


CtBP2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-11-05 (金) 18:23:48