健康用語WEB事典

D-ペニシラミン(D-penicillamine)

関節リウマチの治療として用いられる有機化合物免疫調整剤)。また、キレート作用を持ち、重金属中毒ウィルソン病の治療に用いられる。商品名はメタルカプターゼ*1*2*3

D-ペニシラミンの化学構造

SH基により関節リウマチ患者におけるリウマトイド因子をはじめとする免疫複合体分子ジスルフィド結合を解離する作用を持つ。

*1東北大学機関リポジトリTOUR D-ペニシラミンの免疫学的・薬理学的研究: https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=76706&item_no=1&page_id=33&block_id=38
*2その他肝疾患について « 肝疾患診療相談センター[愛媛大学医学部附属病院]: https://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/liver/?page_id=151
*3メタルカプターゼカプセル50mg/ メタルカプターゼカプセル100mg: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3929001M1039_1_08/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


D-ペニシラミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileD-penicillamine.png 閲覧数 125回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-03-08 (日) 14:45:20