健康用語WEB事典

D1受容体(D1 receptor)

ドーパミンD1受容体に属するドーパミン受容体サブタイプのひとつ。*1

線条体大脳皮質に分布し、パーキンソン病に関わる。中型有棘神経細胞発現し、報酬学習の獲得に関わる。*2

大脳基底核線条体に存在するドーパミンD1受容体は運動を誘発する神経回路直接路)に関わり、この情報伝達が消失すると運動を起こしにくくなる。*3

*1ドパミンニューロンと疾患 齊田孝市 帝京短期大学 ライフケア学科: http://www.teikyo-jc.ac.jp/app/wp-content/uploads/2018/08/journal2018_133-136.pdf
*2解説 | 東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 構造生理学部門 河西(Kasai)研究室: http://www.bm2.m.u-tokyo.ac.jp/typical/commentary1.html
*3新潟大学 ドーパミン神経伝達は大脳基底核における運動情報の伝達と運動の発現に不可欠であることを解明: http://www.bri.niigata-u.ac.jp/result/NiigataUniv_press_final.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


D1受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-11-21 (水) 09:42:40