健康用語WEB事典

DNAポリメラーゼ(DNA polymerase)

鋳型となる核酸に対して相補的なDNA鎖を合成する酵素DNA合成酵素とも。

細胞分裂の際のDNAの複製において中心的な働きをする。RNAポリメラーゼと異なり反応の開始にプライマーを必要とする。*1*2

DNAを鋳型とするDNA依存性DNAポリメラーゼRNAを鋳型とするRNA依存性DNAポリメラーゼに分けられる。

5種類のDNAポリメラーゼ (α~ε) が知られており、DNA複製にはα、δ、ε、修復反応には主にβ、ミトコンドリアDNAの複製にはγが関わっている。

*1DNAポリメラーゼ | 生物分子科学科 | 東邦大学: https://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/bio/DNA_polymerase.html
*2DNAポリメラーゼ | 生物分子科学科 | 東邦大学: http://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/bio/DNA_polymerase.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


DNAポリメラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-11-07 (水) 10:50:00